<   2016年 06月 ( 102 )   > この月の画像一覧

晩酌

島田市内 老舗店にて。
生ビールと枝豆、刺盛り。

b0007571_11015675.jpg

あん肝

b0007571_11223854.jpg

鶏皮串 豚ネギマ串

b0007571_11224113.jpg

かなり大型の鯵でしたが、頭と中骨をバリバリに揚げてもらいました。
焼津産。

b0007571_11224518.jpg

今日も大満足して帰宅。
お稲荷さん・ぬか漬け・煎茶。

b0007571_11250965.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-30 22:01

ももクロめし(133)

ももクロめし 第133弾


「たこ焼き」と「ラムネ」

b0007571_21583623.jpg






本日6月30日は、オラが町の鎮守 大井神社「みそぎの祓い」でした。
いわゆる「夏越の大祓」。
身体の悪いところを人型に移し、祓う、子供の頃から行ってきた風習です。

b0007571_21580284.jpg


b0007571_21580839.jpg


混まないよう、早い時間にお参りしたので、縁日はまだ準備中。

b0007571_21583195.jpg




[PR]
by ruby0806 | 2016-06-30 15:57

昼食

スープカレーと李(すもも)

b0007571_21545764.jpg


豚・茄子・舞茸・じゃが芋・人参・玉葱・バジル他

b0007571_21551900.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-30 12:54

朝食


**********************************************************


大根おろしへ梅干の肉をこまかくきざんだものをまぜ合わせ、
これへ、もみ海苔と鰹ぶしのけずったものをかけ、醤油をたらした一品で、
炊きたての飯を食べる
この一品。
名を「浦里」といい、吉原の遊里で、朝帰りの「なじみ客」の酒のさかなや、飯の菜(さい)に出すものだが
「ちょいと、その、うまいものだ。」


池波正太郎「その男(1)」「父」

***********************************************************


b0007571_10191977.jpg

「浦里(うらざと)」といえば、新内節「明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」の主人公である花魁の名。
名にかすかな侠気を感じるのは、そもそも浦里とは「海辺の漁村」を指す言葉だからかもしれません。
啖呵も切るが、情にも厚い、奇しくも旦那の不始末に涙を浮かべながらも毅然と振る舞う某有名女優さんの姿が重なります。


相変わらずの不景気に、混迷する国内政治、迷走する世界情勢。
わけのわからないニュースばかりが飛び交う昨今ではありますが、
個人的に、今こそ重要なのは、「明治維新」から「敗戦」に至るわが国の歴史を「精査」することであると思います。


大好きな司馬さんのエッセイの中に、維新後の重鎮、山形有朋や井上馨が、わが国で初めての「贈収賄」を行ったときに
明治政府の高官たちは、膝を打って「その手があったか!」と叫んだという話があります。
そこまでピュアでプリミティブだったわが国の「近代民主主義」が、
なぜ、陛下を亡きものとしてまでも戦争を継続しようとする力となりえたのか・・・


「吉原」も、現代人の我々からすれば、単なる「売春街」という言葉に収斂してしまいますが、
近代化以前の江戸では、今少し、異なるニュアンスが多分に含まれていたと、多くの研究者の方たちが唱えています。
例えば、いくらカネがあっても、女性が頷かなければどうしようもなかったこととか、
「間夫(まぶ)」と言われる本気の相手がいたこととか。
六本木のナンバーワンホステスや、二子玉の美魔女といった庶民レヴェルではなく
花魁とは、現代でいうところのハリウッド女優に相当するレヴェルだったといいます。
しょせん売春婦だろ?などと、学のないことを言ってはいけません。
昨今の若い女性たちが「専業主婦」と「愛人」の区別がつかなくなってきたことと、かなり似ているかもしれません。


「料理」も、なぜか現代社会においては「できる・できない」という次元で語られますが、
前近代では「やる・やらない」の話でしかないように思う。
料理なんて「できない」花魁が、「間夫」との別れを惜しみ、
朝早く、そっと起きだして、料理とはいえないような料理をつくる。
つくってみるとわかりますが、「梅」「海苔」「かつお節」の華やかさと
酒で疲れた胃に「大根おろし」が滲みる風情に、いかにも女性的な情愛の細やかさを感じます。
梅干も、海苔も、そのままでかまわないのに、あえて「ちぎる」。
( あれ? 「契る」とかけてるのかな?)
料理とも言えない料理なのに、ここまでおいしく感じるのは
「箔」でも「体裁」でもない、間夫の身体を労わる「真心」が前面にでた料理だからだと思います。


「ブラタモリ」で「吉原」を訪れたタモさんが、土地の方から「フィールドワーク」してきた話がとても面白く
その話を盟友である鶴瓶さんのところへ持ち込み、「山名屋浦里」という創作落語ができました。
モノノフであるお二人が合作された落語ですから、ぜひ一度聴いてみたいと思っています。
8月には新作歌舞伎「廓噺山名屋浦里」として、勘九郎・七之助兄弟による上演も決定しているそうです。


b0007571_10184907.jpg
b0007571_10194956.jpg
b0007571_10201914.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-30 07:09

晩酌

先日伺って美味しかった、近所の新店にて。
ぼんじり串とホッピー

b0007571_17023354.jpg


海鮮焼売 500円
これは、また頼もう。

b0007571_17023604.jpg


牛すじの味噌煮込み 550円。
八丁味噌で数日煮てから、田舎味噌を加えて味の角をとり
千切りキャベツと混ぜて食べるという逸品。
思わずキンミヤのボトルを入れてしまった・・・

b0007571_17022921.jpg


帰宅して「かにめし」と「海老天おろし」

b0007571_17023992.jpg


半額250円

b0007571_17024609.jpg


半額60円

b0007571_17024975.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-29 22:02

昼食

揚げたてジャンボチキンカツ&サラダ

b0007571_17013404.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-29 12:01

朝食

朝粥

b0007571_17003539.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-29 07:00

晩酌

b0007571_16531280.jpg


稚鮎のバター揚げ焼き&サッポロビール
天麩羅も美味しいですが、粉して、バター焼きも美味しい。
ビールとの相性は言わずもがなです。
162円

b0007571_16532899.jpg


わが家の定番 人参・隠元の卵とじ

b0007571_16531958.jpg


だしの味がついている豆腐を、能登塩で。
1/2丁 50円

b0007571_16532501.jpg


新物めかぶ
100円

b0007571_16531585.jpg


トマトと甘酢玉葱。
市内Iさんという方の、赤くなるまで枝から収穫しないトマト。
これは美味しい!
1個40円

b0007571_16533637.jpg


露地もの胡瓜を叩いて、手前味噌と。

b0007571_16534006.jpg


遠州名産 甘々娘(かんかんむすめ)
150円

b0007571_22090367.jpg










[PR]
by ruby0806 | 2016-06-28 21:52

おやつ

トースターで焼いた、チョコモナカ

b0007571_16594104.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-28 14:59

昼食


ベーコントマトライスとカップポタージュ
ベーコン・玉葱・ピーマン・塩胡椒・ケチャップ・バター
コルニッション・福神漬

b0007571_16514637.jpg


[PR]
by ruby0806 | 2016-06-28 12:50


日々の食事の記録です。


by ruby0806

プロフィールを見る

カテゴリ

side B menu

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月

検索

その他のジャンル